1. HOME
  2. 印刷データ作成ガイド
  3. トリムマーク(トンボ)・塗り足し・文字切れ

トリムマーク(トンボ)・塗り足し・文字切れについて

トリムマーク(トンボ)とは

印刷機ではコピー機のように1枚ずつ印刷するのではなく、大きめの紙に複数ならべて印刷します。
その際に必要となるのがトリムマーク(トンボ)です。印刷作業の際に発生する版ズレのチェックやカット作業(断裁)での位置を明確にするための基準としてします。

プレスビーネクスではトリムマーク(トンボ)を入れた状態での入稿をお願いしております。トリムマーク(トンボ)の上にオブジェクトや画像など重なって消えることがないようご注意ください。
Photoshopではトリムマーク(トンボ)を作成する機能がありませんのでPhotoshopでのご入稿の場合はサイズ設定のご確認をお願いします。

Photoshop作成ガイド カンバスサイズの初期設定

トンボは、印刷時の版ズレ防止になり正確にキレイに印刷するために必要になります。また角トンボの内側で断裁(カット)を行うためにも必要です。

トリムマーク(トンボ)とは

印刷機では家庭用のインクジェットプリンタのような「フチなし印刷」ができません。フチなし印刷をご希望の際は仕上がりサイズより3mm外側まで背景の絵柄などを大きくデータを作成し、その後JIS規格に断裁してフチなし印刷と同じ仕上がりになります。
S規格とD規格については上下左右8mmの空きがでますのでご注意ください。

印刷物はトリムマーク(トンボ)の内側でカットされ仕上がりますが、微妙なズレは発生します。

塗り足しなし仕上がりイメージ

カット時のズレで白い部分がでます。

塗り足しあり仕上がりイメージ

カット時にキレイに仕上がります。

「塗り足し」は紙の端まで確実に印刷したい場合必要です。必ず断裁される背景の「塗り足し」を制作してください。

塗り足しの必要なデータの場合に、塗り足しが不足しているとデータ不備として印刷に進むことができません。データを修正後再入稿していただく必要がございます。

文字切れについて

文字などの必要なデータは仕上がりから3mmほど内側に入れてください。仕上がりに近い位置に文字データがあると断裁時に文字が切れてしまう可能性があります。

仕上がり線の削除

入稿時は仕上がり部分に入っている罫線がある場合は削除をお願いします。仕上がり部分に罫線を入れた状態で入稿された場合、線が入ったまま仕上がりますのでお客様にて事前に削除してください。

仕上がり線の削除

入稿時は仕上がり部分に入っている罫線がある場合は削除をお願いします。仕上がり部分に罫線を入れた状態で入稿された場合、線が入ったまま仕上がりますのでお客様にて事前に削除してください。

文字切れ修正時に全体を縮小して修正した場合は「塗り足し不足」にご注意ください。

全体を上下左右3mmずつ縮小して文字切れを修正された場合、塗り足しが足りずに断裁後に紙の端に白いフチとなって出てしまう場合があります。塗り足しは紙の端まで確実に印刷したい場合必要です。塗り足しは仕上がり位置(断裁位置)よりも3mm以上外側まで伸ばしてください。

新規会員登録(無料)で
おトクな価格情報と割引ポイントがもらえます。